和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月29日(日)

スカイタワーに及川眠子文庫 「地域盛り上げるきっかけに」

作詞家及川眠子さんと、ごまさんスカイタワー2階にオープンした「文庫」(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
作詞家及川眠子さんと、ごまさんスカイタワー2階にオープンした「文庫」(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
 和歌山県田辺市龍神村龍神、護摩壇山の頂上近くにある道の駅「ごまさんスカイタワー」は、2階の休憩所に和歌山市出身の作詞家、及川眠子さん(62)=東京都=の蔵書やCDなどを集めた「及川眠子文庫」を開設した。ノンフィクションの本を中心に漫画や写真集など約3千冊と、CD約千枚があり、館内で自由に閲覧できる。スカイタワーの小川直店長(34)は「この文庫を和歌山や龍神のPRにつなげ、地域を盛り上げるきっかけにしたい」と話している。


 及川さんは「税を納めることでふるさと和歌山県に貢献したい」と、昨年秋に自身が経営する「及川眠子事務所」の本社の登記を東京からごまさんスカイタワーに移した。音楽活動や及川さん自身の生活はこれまで通り東京が中心だが「文化芸術面から和歌山を盛り上げたい」との思いを抱いており、今回の寄贈と文庫の開設もその一環。将来的には作曲家の譜面や漫画家の原画、小説家の原稿や蔵書などを集めた「知財図書館」を設立したり、龍神村や熊野地方を舞台にした映画を制作したりする構想も描いているという。

 及川さんは「これらの本は私を形作ってきたもの。興味のある人がスカイタワーを訪れるきっかけになったり、こんな本を読んでいるんだという共感につながったりすればうれしい」と話している。

 及川さんはアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」や、日本レコード大賞を受賞した女性アイドルデュオ「Wink(ウィンク)」の「淋しい熱帯魚」などのヒット曲で知られる。これまで1300曲以上作詞しており、テレビ放送中のスーパー戦隊シリーズ「暴太郎(あばたろう)戦隊ドンブラザーズ」のオープニング主題歌の作詞も手掛けた。

 スカイタワーの開館時間は平日が午前9時半~午後4時(土日曜・祝日は午前9時から)。蔵書やCDの貸し出しはしていない。