和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月27日(月)

フィットネス型デイサービス 「未来(みらくる)半日型」和歌山・田辺市にオープン

「未来」施設内
「未来」施設内
「TANO」はセンサーの前に立つだけで、姿勢や重心なども測定してくれる
「TANO」はセンサーの前に立つだけで、姿勢や重心なども測定してくれる
「未来」地図
「未来」地図
 和歌山県田辺市中万呂にフィットネス型デイサービス「未来(みらくる)半日型」がオープンした。福祉事業に取り組む「翔栄」が運営しており、作業療法士の河野翔太郎さんをはじめとしたスタッフがサポートする。

 施設は左会津川のすぐそばにある。午前か午後の半日型のデイサービスで、介護保険で要支援、要介護認定を受けた人が、日常生活に必要な動きの訓練に取り組む。「自分の足で歩きたい」「家事ができるようになりたい」など、一人一人の要望に合わせてプランを組み立てる。

 室内には6種類の訓練器具、紀南初のトレーニングシステム「TANO(タノ)」がある。TANOは、ゲーム感覚で体を動かしたり、声を出したりする非接触型のトレーニングシステム。車いす利用者でも使えるという。

 屋外でも歩行訓練が可能で、段差や坂道の上り下りなどのトレーニングにも対応する。「川沿いののどかな空気が感じられ、気分転換にもなります」と同施設。

 送迎エリアは旧田辺市内や白浜町、上富田町、みなべ町を予定しており、気軽に相談してほしいという。

【お店情報】
田辺市中万呂570の2 電話受け付け:午前8時半~午後5時半、0739・34・2307