和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月25日(火)

女子バレーで全国ベスト8 和歌山・みなべ町拠点の「リアン」、Uー14の部

全国ヤングクラブバレーボール大会でベスト8に入ったリアン
全国ヤングクラブバレーボール大会でベスト8に入ったリアン
 和歌山県みなべ町を拠点に活動するバレーボールチーム「リアン」が、9月30日と今月1日に大阪府門真市などであった第26回「全国ヤングクラブバレーボール大会」(日本バレーボール協会、日本ヤングクラブバレーボール連盟など主催)のU―14(14歳以下)女子の部でベスト8入りした。選手は「楽しい大会だった」と結果を喜んでいる。

 中学生を中心とした地域クラブチームの大会で、U―14の男女とU―19の男女の計4部門で開かれた。そのうちU―14女子には全国から48チームが出場し、16ブロックに分かれての予選リーグの後、決勝トーナメントで戦った。

 リアンは予選を2戦全勝で突破し、決勝トーナメントに進出。初戦でJHS―8(徳島県)を2(21―16、21―12)0で破ったが、準々決勝で、今年の全国大会出場チームでもあるO・Y・V・C(京都府)に1(21―17、11―21、11―15)2で敗れた。1セット目を先取したが、相手の粘り強い攻撃や守備により、逆転を許した。

 竝木正明監督は「目標だった全勝での予選突破を果たすことができた。さらに決勝トーナメントの1戦目を持ち前の拾ってつなぐバレーでストレート勝ちし、ベスト8に入ることができた。2戦目で敗れたが、ベスト8は素晴らしい成績」、キャプテンの火縄友基選手は「もっと上まで行きたかったが、目標を達成できたこと、昨年よりいい結果を残せることができ、とてもうれしい」と大会を振り返った。

 リアンのメンバーは次の皆さん。

 火縄友基、上野莉胡、竹谷都希、鈴木仁菜、島倉紀ノ花、白井稟子、庄司妃華、平林栞奈、摺石愛莉、築山奈那世、塩路里葉、中田夕貴、岩﨑優月、久保綾芽、古屋結里華、廣野百伽、川瀬有紗、猪原曖莉、小谷梨央、川合あんな、川村真心、藤藪愛理、鈴木心菜、芝田世那、野﨑音色、川瀬柚羽▽監督=竝木正明▽コーチ=宮城嘉巳▽マネジャー=湯川智晶