和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年02月23日(金)

トッピングはかつお節! 発祥の地・和歌山県印南町で「おかず系かき氷」

和歌山県印南町発祥のかつお節をトッピングした「和歌山氷」
和歌山県印南町発祥のかつお節をトッピングした「和歌山氷」
 和歌山県印南町印南の印南漁港にある観光交流施設「かえるの港」のコワーキングスペースに、かき氷の専門店「CHULA(チュラ)」がオープンした。「おかず系かき氷」として同町発祥のかつお節などを載せ、町をアピールしている。


 かえるの港を運営する会社「和み」に勤務する大谷真代さんが、数年来趣味で食べ歩いていたかき氷を生かして誘客につなげようと開業した。

 看板商品である「和歌山氷」(税込み1100円)のトッピングには、かつお節のほか、印南やみなべの特産の「はちみつ梅」やウツボの揚げ煮を採用。かき氷に載せる泡として浸透しているエスプーマは、かつおだしを使った。シロップはチーズ風味。かき氷の味は甘塩っぱく仕上げている。

 氷販売店の氷を使ったり、奈良のかき氷人気店で教わった氷の削り方を再現したりしてかき氷自体の品質にもこだわっており、和歌山氷に対しても「意外性があるがおいしい」などと好反応が寄せられている。大谷さんは「各地で進化形かき氷が目立つようになっている。地元印南からはかつお節で発信したい。一般的な甘いかき氷もあり、ファンを増やしたい」と話している。

 営業は月数回の予定。田辺市や和歌山市などでのイベントにも出店する。営業予定や当日の販売メニューなどは全てインスタグラム(chula_kakigori)で告知する。材料の準備が必要な和歌山氷は、販売日の前日までにインスタグラムのDMによる予約を呼びかけている。