和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月08日(土)

「白浜の食」マップと冊子に ねんりんピックで配布

白浜をPRする歓迎ポスター(左)と飲食店マップ(右上)、冊子(右下)
白浜をPRする歓迎ポスター(左)と飲食店マップ(右上)、冊子(右下)
 和歌山県のねんりんピック紀の国わかやま2019白浜町実行委員会は、町内の飲食店を紹介するマップと冊子を作った。催しに合わせて全国から訪れる関係者に配布し、観光地・白浜をPRする。


 実行委から委託を受けた町商工会がそれぞれ1500部を作成。商工会に加盟する43店舗を紹介しており、冊子を持って店へ行くと、サービスが受けられる。町ではソフトテニス、剣道の交流大会が開かれることになっており、選手や監督、競技団体の役員に配るという。マップはA3判、冊子はA5判。

 実行委や町商工会では「滞在中に白浜を満喫してもらい、次の来訪につながればいい」と期待している。

 マップと冊子に合わせ、「ようこそ南紀白浜へ」と記した歓迎ポスターも500枚作成。町内の事業所の店頭などに張って歓迎の意思を示す。

 ソフトテニスは同町日置の町テニスコート、剣道は同町阪田の町立総合体育館が会場で、開催は10、11日。実行委によると約800人の選手、監督が参加する。