和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月21日(日)

ノビタキが一休み 越冬地目指す渡り鳥が旅の途中で腹ごしらえ 和歌山県南部

ススキの穂に止まり、虫を探すノビタキ(和歌山県白浜町保呂で)
ススキの穂に止まり、虫を探すノビタキ(和歌山県白浜町保呂で)
 越冬地を目指す渡り鳥のノビタキ(ヒタキ科)が和歌山県紀南地方で一休み。河川敷や草原などで餌の虫を狙う姿が見られている。

 ノビタキは全長13センチほどでスズメより小さい。日本に夏鳥として飛来し、本州中部以北で繁殖する。冬季は東南アジアや中国南部などで過ごすため、渡りの時期には紀南でも目撃される。

 白浜町保呂の富田川河川敷では、ススキの穂に止まり「ヒー、ヒー」や「ジャッ、ジャッ」などと鳴き、尾羽を上下に動かしながら動き回っている。

 日本野鳥の会県支部会員は「11月中は見られるのでは」と話している。