和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月19日(金)

【動画】丸々と「ふくら雀」 羽毛膨らませ寒さ対策、和歌山県南部

国道42号沿いの植え込みの上に止まった「ふくら雀」(和歌山県田辺市で)
国道42号沿いの植え込みの上に止まった「ふくら雀」(和歌山県田辺市で)
 寒さが厳しくなる中、和歌山県の紀南各地でスズメが丸々とした、かわいらしい姿になっている。県立自然博物館(海南市)によると、寒さから身を守るため、羽毛の間に空気の層を作って膨らんでいる姿で「ふくら雀(すずめ)」とも呼ばれる。

 田辺市下万呂では、国道42号沿いの植え込みにスズメの群れが飛来。茂みの中からにぎやかな鳴き声を発し、丸っこい姿で身を寄せ合っていた。上富田町生馬にある彦五郎公園の近くにも群れがおり、電線にずらりと並んで止まったり、田んぼに降りて食べ物を探したりしていた。

 県立自然博物館で鳥類を担当している佐々木歩学芸員によると、近年はスズメが巣を作りやすい瓦屋根の家が減少するなど環境が変化。「初めて冬を迎える若いスズメも多いので、頑張っている姿を見ていただけたら」と話している。

 ふくら雀は縁起物として「福来雀」「福良雀」と書かれることもある。