和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月31日(金)

5千枚が2日で完売 串本で3月9日ロケット打ち上げの見学場、和歌山

ロケット打ち上げのイメージ(スペースワン社提供)
ロケット打ち上げのイメージ(スペースワン社提供)
 和歌山県は5日、串本町の小型ロケット発射場「スペースポート紀伊」で3月9日に予定されている初打ち上げの見学場チケット5千枚が、販売開始の1月29日から2日で完売したと発表した。

 チケットは「スペースポート紀伊周辺地域協議会」のホームページで販売した。串本町田原の田原海水浴場と那智勝浦町浦神の旧浦神小学校を見学場とし、チケットはそれぞれ2500枚ずつ用意していた。

 県によると、購入者のキャンセルがあった場合、2月下旬に再販売する可能性があるという。

 また、ステージイベントや打ち上げなどについて、同時に映像をインターネットで無料配信する。サービスエリアなどでもモニターで見られるようにするとしている。

 このほか、旅行会社が見学ツアーを企画しており、5日から一部販売が始まっている。

 岸本周平知事は見学場チケットの完売について「こんなに早いスピードで売れることに驚いている。周囲のホテルの予約も満杯になり、関心の高さを改めて感じた。串本を中心にロケットのメッカ、ロケット産業の集積地になる流れの第一歩だ」と喜んだ。