和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月25日(土)

DFIがJapan IT Week 2024で次世代組み込み式コンピューティングソリューションを公開

DFIはAI主導のコンピューティングイノベーションと、セルフサービスキオスクやArm版Windowsなどのコラボレーションアプリケーションを展示

【台北2024年4月17日PR Newswire=共同通信JBN】世界をリードする組み込み式マザーボードと産業用コンピューターのブランドであるDFIは、Japan IT Week 2024にコロナ禍以降初めて参加すると発表しました。セルフサービスキオスクとArm版Window(WoA)を中心にブースを拡大し、日本の無人サービス分野への使用デモをプレゼンテーションします。このイベントでは、高度なAI機能で強化された車載、ファクトリーオートメーション、AMRなどの多様な産業アプリケーションに対応するDFIの最新製品ラインも紹介されます。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404179598-O1-CKNI8Du9

Japan IT Weekは、アジアで有名な組み込み式展示会であり、日本市場におけるDFIの完璧なプラットフォームとして機能します。セルフサービステクノロジー市場は、2030年までに726億米ドルに達すると予想されています。業界のトレンドに合わせて、DFIは展示会でAIベースのソリューションの需要に答えた製品を強調します。以下の2つの主要なハイライトが含まれます。

セルフサービスキオスク:x86アーキテクチャー設計を特徴とするDFIのRetail Kioskは、将来のハードウエアおよびソフトウエア機能の統合を容易にすることでユーザーエクスペリエンスを向上させます。第13世代インテル(R)Core(TM)i9-13900TEプロセッサーとインテル(R)Arc(TM)A380 GPUは、比類のない処理能力とAIコンピューティングパフォーマンスを提供します。DFIのWorkload Consolidationプラットフォームを使用すると、1つのインテルCPUで複数のオペレーティングシステムを同時に動作させることができます。さらに、DFIはPartner Tech Corporationと提携し、大規模言語モデル(LLM)AIを通じて、ユーザーインターフェースと顧客サービスエクスペリエンスを強化しています。

WoA:DFIのWoAブルーオーシャン戦略は、高い電力効率とユーザーエクスペリエンスの向上を重視し、セルフサービス端末と自動化への適応性を実証しています。DFIの製品ラインアップは、AIと産業用コンピューティングを融合し、Armベースのコンピューター向けのWindowsアプリケーションの開発を加速するWoA搭載マシンで構成されています。

Japan IT WeekにおけるDFIのプレゼンスには、3つの主要な製品ラインにわたる最新のAI主導型のイノベーションも含まれています。COM Express Compact MTH968は、NPUと統合された最初の製品であり、AIと産業用PCの融合における重要なマイルストーンとなります。DFIの組み込み式システムEC700-ADNは、AIコンピューティングを強化するためのHailo-8モジュールと互換性があり、AI推論システムEC180-CSには、AI機能を強化するために最大60WをサポートするGPU MXMモジュールが搭載されています。

4月24日から4月26日までブース29-13のDFIブースにお立ち寄りください。詳細についてはLinkedInをご覧いただくか、当社にお問い合わせください

▽メディア問い合わせ先

Eva Chen eva.chen@dfi.com 
Evelyn Chang evelyn.chang@dfi.com 

PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404179598-O2-1dU61mps

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202404179598
提供: