和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月20日(月)

認知症増加の社会を見据え、佛教大学社会福祉学部「卒業研究ゼミ」で認知症サポーター養成講座を開催



佛教大学(京都市北区)社会福祉学部は、5月16日(木)に、正課である「卒業研究ゼミ1」(担当教員:新井康友社会福祉学部教授)で、認知症サポーター養成講座を開催いたします。講師は、京都市北区のケアマネージャー有志の方が務め、若年認知症の当事者である、芳賀和則さん・下坂厚さん※(以下詳細)もお迎えして行います。




本講座は、京都市と合同で年に1回開催しており、今回は学生13名が参加します。講座内では、芳賀さんに体験談をお話しいただき、下坂さんには実施の様子を撮影いただきます。

※下坂厚さん
若年性認知症の当事者であり、写真家として活動した経験をもとに、現在は、「認知症から見た世界」と題した写真をSNSや写真展などで発信されている。


【 開 催 概 要 】
日 時 : 2024年5月16日(木曜日)10:40~12:10
場 所 : 佛教大学紫野キャンパス 5-506教室(5号館5階)
概 要 : 認知症サポーター養成講座(若年認知症の当事者である、芳賀和則さんによるお話し)


新井康友社会福祉学部教授:
https://www.bukkyo-u.ac.jp/faculty/teacher/480.html

▼本件に関する問い合わせ先
佛教大学 学長室 広報課
住所:〒603-8301 京都市北区紫野北花ノ坊町96
TEL:075-493-9050
FAX:075-493-9040
メール:koho@bukkyo-u.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター https://www.u-presscenter.jp/



プレスリリース詳細へ https://digitalpr.jp/r/88284
提供: