和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月15日(土)

【動画】アジサイ咲き誇る 上富田の救馬渓観音、和歌山

あじさい曼荼羅園内を彩るアジサイ(3日、和歌山県上富田町生馬で)
あじさい曼荼羅園内を彩るアジサイ(3日、和歌山県上富田町生馬で)
 和歌山県上富田町生馬の救馬渓観音境内にある「あじさい曼荼羅(まんだら)園」で、アジサイが咲き誇っている。約120種、1万株が植えられており、見頃は6月中旬ごろの見込み。開園期間は7月上旬まで。

 園は1985年から、境内にアジサイを植え始めたのが始まり。毎年、苗を植え続け、広がった。ヒメアジサイやダンスパーティーなど、多彩なアジサイの花が彩る。

 アジサイ柄の傘をつるしたり、アジサイの花でハートを描いたり、鉢を並べた回廊を設けたり、趣向を凝らして来園者をもてなす。新品種の公開や名前の募集もしている。

 森本晄正副住職(29)によると、3日現在で四分咲きで「開花は、昨年は早かったが、今年は今のところ例年並みに進んでいる。気候にもよるが、長い期間楽しんでいただけると思う」と話している。

 土、日曜はイベントやキッチンカー出店もある。開園時間は午前10時~午後4時。入園料は高校生以上800円、小中学生400円。

 あじさい園の詳細はホームページでも紹介している。問い合わせは、救馬渓観音(0739・47・1140)へ。