和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2023年12月10日(日)

ロウバイと紅梅が競演 田辺市龍神村宮代の国道沿い

黄色のロウバイとピンク色の紅梅(和歌山県田辺市龍神村宮代で)
黄色のロウバイとピンク色の紅梅(和歌山県田辺市龍神村宮代で)
 和歌山県田辺市龍神村宮代、国道371号沿いにある酒店「たちばなや」隣の野菜畑で、黄色のロウバイとピンク色の紅梅が咲き、通行人たちを楽しませている。

 2本が観賞用として植えられている。同店の寒川鉄夫さん(61)によると、例年ロウバイが先に開花し、遅れて紅梅が咲きだす。

 今年は開花が早めで、ロウバイは1月中旬から少しずつ咲き始めたという。紅梅も早めで、2月10日ごろから咲き始めた。

 25日現在、ロウバイの花は少し散り始めている。山あいの道路沿いで鮮やかに咲く様子に、道行く人らが足を止めて、スマートフォンを向けて写真に撮るなどして楽しんでいる。

 寒川さんは「野菜畑に獣害対策ネットを張っているので、皆さん道路沿いから見てくれている。2本ともそろって早めに咲いた」と話している。