和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月29日(木)

「自転車の旅、快適に」 田辺市龍神の幹線道路に案内板

サイクリスト向けの案内誘導板(和歌山県田辺市龍神村小家で)
サイクリスト向けの案内誘導板(和歌山県田辺市龍神村小家で)
 和歌山県田辺市龍神村を通る幹線道路の交差点などに、県がサイクリングコースなどを示す案内誘導板の設置を進めている。自転車に乗って龍神村内を巡るサイクリストに対して「道に迷わないように、安全・快適に自転車の旅を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 県と県観光連盟は、サイクリング事業「WAKAYAMA800~サイクリング王国わかやま~」を進めている。紀北、紀中、紀南と海岸沿いの計4ルートでサイクリングコースを設けている。周遊するサイクリストが迷わないように、サイクリングロードの主要幹線道の分岐点など約50カ所に案内誘導板を新たに設置。紀州材の間伐材を使ったこの案内誘導板は高さ約1・5メートル、幅40センチ。コースの起点や終点、道の駅など休憩所までの距離を記している。

 龍神村内では、柳瀬の国道425号と県道田辺龍神線の交差点付近、小家の国道425号と424号の交差点などに順次設置を進めている。本年度から来年度にかけて計5基を建てる。

 県は、2018年から運用しているインターネット上のサイクリング総合サイト「RIDE ON WAKAYAMA」をこのほど更新。「サイクルステーション」や「サイクリストに優しい宿」などの情報や、最新の推奨周遊ルートをサイクリスト目線で紹介している。今回設置した案内誘導板にも、同サイトにアクセスできるようにQRコードをプリントしており、利用を呼び掛けている。

 西牟婁振興局管理保全課によると、この案内誘導版の他にも、管内にある各ルートの詳細地図や標高などを表示した総合案内板(縦1・2メートル、幅90センチ)を道の駅などに計8基、幹線道路沿いなどに建てた支柱の先にアルミの案内表示板(縦45センチ、横15センチ)を計100基設置する予定。

 龍神村内で設置する総合案内板は、村内にある三つの道の駅に取り付ける。