和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月20日(日)

キイセンニンソウ 無数の白い花咲く

無数の白い花を咲かせたキイセンニンソウ(和歌山県田辺市で)
無数の白い花を咲かせたキイセンニンソウ(和歌山県田辺市で)
 和歌山県紀南地方の山中で、キイセンニンソウ(キンポウゲ科)が、他の木に巻き付き、白い花を咲かせている。県のレッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。

 紀伊半島南部と熊本県だけに自生する。全国に分布するセンニンソウ(キンポウゲ科)と花がよく似ているが、葉が厚くてつやがあり、葉柄に節があることから区別できる。

 花は直径2、3センチほど。4枚の白い萼(がく)片に多くの雄しべと数本の雌しべがある。8月末ごろまで咲くとみられる。花が咲き終わると、実の先に羽毛状の毛が生え、風で運ばれて分布を広げる。