和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

大半の海水浴場が開設 コロナ禍2年目の紀南

海水浴場の開設状況
海水浴場の開設状況
 新型コロナウイルス禍で迎える2年目の夏、和歌山県紀南地方の自治体では海水浴場を開設する動きが目立っている。昨年、例年より短期間ながら開設し、感染防止のノウハウを蓄積してきたという。一方で、集客による感染拡大を心配する声も根強く、2年続けて開設を見送る自治体もある。

 白浜町は7月1日に白良浜を海開きする。観光は町の基幹産業で、海水浴客の動向は経済を大きく左右する。昨年は7月23日~8月31日に開設し、約15万2千人が訪れた。開設しなくても人が訪れ、事故が発生する危険性もあるため、万全の態勢で管理した方が得策と判断した。

 開設について町は、県内に緊急事態宣言が出ていない(近隣府県の状況も考慮)▽田辺保健所管内の医療体制が逼迫(ひっぱく)していないなどの基準を設けており、開設期間中でも状況が変われば閉鎖もあり得るとの考えを示している。

 町内にある臨海浦、江津良、椿の各海水浴場も7月17日~8月31日に開設する。

 昨夏は中止にしていたすさみ町と太地町は、開設に転じた。すさみ町は2カ所あるうち、すさみ海水浴場のみ7月1日に開設する。更衣室は使用禁止にするなど、密を避ける対策をして臨む。

 田辺市は昨年に続いて田辺扇ケ浜海水浴場の開設を中止する。「大阪や兵庫で海水浴場の開設中止が決まっており、開設すれば県外から多くの来場が予想される。ビーチハウスなどでも密が避けられない」と判断した。ビーチスポーツ場については、今後の感染状況を見ながら判断するという。

アクセスランキング

趣味・娯楽

読者チャンネル

新着リリース

紀伊民報からのお知らせ