和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月14日(水)

【詳報】2日間で27人感染 和歌山県、新宮管内でも1人確認

新型コロナウイルスに関する相談窓口
新型コロナウイルスに関する相談窓口
 和歌山県は23、24日の2日間で、新たに10歳未満~70代の27人が新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。紀南では新宮保健所管内で1人が確認された。

 保健所管内別では、和歌山市が17人、岩出が5人、御坊が3人、新宮、海南が1人ずつ。年代は50代11人、20代4人、30代と70代、10歳未満が3人ずつ、40代2人、10代1人。

 新宮保健所管内では、串本署の30代警察官男性の感染が分かった。町民と接する機会がある業務といい、検査対象者や感染経路を調査している。

 県がクラスター(感染者集団)に認定した和歌山市のバー「DAY BREAK(デイ ブレイク)」では新たに、来店客の50代男女3人(いずれも和歌山市在住)の感染が分かった。同店のクラスターは11人となった。県は8~11日の来店者に対し、最寄りの保健所に連絡するよう求めている。

 また、同市では未就学児の女児と男児のきょうだいの感染が分かった。両親は陰性だったため、通っている市内の児童福祉施設での感染の可能性もあるといい、園児41人、職員5人を検査する。

 岩出保健所管内での慶弔行事に参加した、同保健所管内と和歌山市在住の家族や親族計4人の感染も判明。これまでに感染が発表されている人と合わせ、参加者5人の感染が分かった。

 湯浅保健所管内の小学校で複数の感染者が確認されたのを受け、教職員21人、児童106人を検査したが、全員陰性だった。

 県内で感染が確認されたのは累計で992人。入院者は145人で、このうち酸素投与を受けている人は17人(重症14人、重篤3人)で、過去最多となった。

 一方、県内で入院中の松竹新喜劇代表、渋谷天外さん=白浜町=は、21日に集中治療室を出たという。