和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年05月15日(土)

4月1日から営業再開 龍神のごまさんスカイタワー

4月1日から営業を再開する道の駅「ごまさんスカイタワー」(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
4月1日から営業を再開する道の駅「ごまさんスカイタワー」(和歌山県田辺市龍神村龍神で)
 和歌山県田辺市龍神村龍神の高野龍神スカイライン(国道371号)沿いにある道の駅「ごまさんスカイタワー」は冬季の休業を終え、4月1日から営業を再開する。コロナ禍で遠のいていた客足が戻ってくることを期待し、感染防止策の取り組みに気を使いながらの営業となる。

 例年、12月~3月は休業している。昨年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で4月22日~5月末に休業して6月1日から再開した。行楽客の多いゴールデンウイークとその前後の稼ぎ時に閉めた影響もあって、年間の利用客は約3割減り、利用者とスタッフの感染対策にも追われて営業的にも厳しい年だったという。

 施設内には、売店とレストラン、高さ33メートルのスカイタワー展望塔(有料)がある。25日から、高野町高野山と龍神村を結ぶ高野龍神スカイラインの冬季通行規制が解除されたことに伴い、観光客の入り込みが増えると予想しているが、今年は人員不足のためレストランの営業はしない。おにぎりやコーヒーなどの軽食のテークアウト(持ち帰り)はする予定。

 道の駅の担当者は「新型コロナの感染対策を取って安心して利用できるようにしたい。紀南の玄関口として観光情報も提供して、おもてなしに励む」と話している。

 営業時間は平日が午前9時半~午後4時、土日曜・祝日は午前9時~午後4時。定休日はないが、新型コロナの感染状況によっては変更する場合があるという。