和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年06月17日(木)

和歌山県で23人感染 新宮管内では102日ぶり確認

 和歌山県は6日、県内で新たに23人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新宮保健所管内では1月24日以来、102日ぶりに感染者の発表があった。

 保健所管内別では、和歌山市が14人、田辺と岩出が各2人、新宮と御坊、湯浅、海南、県外が各1人。

 新宮管内の60代男性は4月下旬に和歌山市内の友人宅で懇談した。田辺管内の50代パート職員女性は同僚の接触者。70代男性は現時点で感染経路は不明で、重症という。

 すでにクラスター(感染者集団)に認定されている和歌山市加太のグループホームでは新たに20代職員男性と70~90代の入居者男女4人の感染を確認。クラスターは12人となった。

 感染者の累計は2304人となった。