和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年11月30日(火)

メッセージ花火にキャンドル 白良浜の夜彩る

白良浜を彩るキャンドルと打ち上げ花火(20日、和歌山県白浜町で)
白良浜を彩るキャンドルと打ち上げ花火(20日、和歌山県白浜町で)
 和歌山県白浜町の白良浜で20日夜、夏恒例のイベント「キャンドルイルミネーション」と「メッセージ花火」があった。ろうそくを立てた紙袋が砂浜に並ぶ中、大切な人への思いが込められたメッセージとともに花火が打ち上がった。

 ともに白浜温泉旅館協同組合が主催する催し。

 白良浜で流れたメッセージは家族や恋人に向けたものが多かった。「誕生日おめでとう」「愛してる」のほか、祖父母に向けた「ずっと元気で楽しく長生きしてね」など、温かい気持ちになる内容ばかりだった。

 同組合によると、この日は県外などから30組が花火の打ち上げを申し込んだ。

 家族旅行で来ていた大阪府泉佐野市、会社員川﨑健人さん(30)は「心のこもったメッセージときれいな花火で、良い思い出になった」と話していた。

 キャンドルイルミネーションは8月17日までの毎週土曜午後8時から(8月10日を除く)。メッセージ花火は8月23日までの毎日午後8時10分から(7月30日、8月1、10日を除く)。花火は1発6千円(4号玉、直径約120メートル)。