和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年12月01日(水)

「丹鶴ホール」3日に開館 新宮市の文化複合施設

3日に開館する新宮市文化複合施設「丹鶴ホール」(和歌山県新宮市下本町2丁目で)
3日に開館する新宮市文化複合施設「丹鶴ホール」(和歌山県新宮市下本町2丁目で)
 和歌山県新宮市が整備を進めていた市文化複合施設「丹鶴ホール」(下本町2丁目)が3日、開館する。文化ホールや図書館、熊野学の研究室などの機能を備えた施設で、同日に記念式典を開く。

 丹鶴ホールは、丹鶴小学校の跡地に建設された4階建ての施設。延べ床面積は約6400平方メートルで、1~3階が鉄筋コンクリート、4階が鉄骨造りとなっている。

 客席数が約800席(立ち見席除く)の文化ホールや、研究室やギャラリーなどの設備がある熊野学の発信拠点「熊野エリア」、約20万冊が収蔵可能な市立図書館が一体となった施設で、総事業費は62億5千万円。

 紀伊半島大水害により事業が中断したり、建設予定地に新宮城下町遺跡が見つかったりするなど、紆余(うよ)曲折を経て2019年4月に着工。今年7月に完成した。

 3日夜には、大阪交響楽団による開館記念公演も予定している。通常業務は5日から開始する。