和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年01月22日(土)

構内で時間旅行 紀伊田辺駅に昭和30年のジオラマ

赤い三角屋根が特徴の旧紀伊田辺駅舎のジオラマ(和歌山県田辺市湊で)
赤い三角屋根が特徴の旧紀伊田辺駅舎のジオラマ(和歌山県田辺市湊で)
 JR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)は、赤い三角屋根が特徴だった旧駅舎のジオラマを展示している。1955(昭和30)年当時の写真を基に利用客や周辺に駐車する車も再現しており、駅構内で懐かしい「時間旅行」が楽しめる。

 旧駅舎は1932年の建築で、老朽化のため2018年に改修、解体。現駅舎は19年7月から利用されている。

 ジオラマを制作、寄贈したのは、紀州博物館で長く学芸員を務めた玉田伝一郎さん(63)=上富田町岩田。模型は32分の1サイズで、厚紙やプラスチック板で作った。

 玉田さんは「学生時代からよく利用していた思い入れのある駅舎。数年前に建て替え工事の計画を知り、写真だけでなく、形として記憶を伝えるものが欲しいと制作した。かつての姿に思いをはせてもらえればうれしい」と話している。