和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年05月27日(月)

「地域交流の場に」 白浜のレストランで子ども食堂

「大山畜産PORK&FISH南紀白浜店」で開いている子ども食堂(和歌山県白浜町で)
「大山畜産PORK&FISH南紀白浜店」で開いている子ども食堂(和歌山県白浜町で)
 大山畜産(大阪市)は、和歌山県白浜町にあるレストラン「大山畜産PORK&FISH(ポークアンドフィッシュ)南紀白浜店」で月1回、高校生以下の子どもを対象に無料で食事を提供する「子ども食堂」を開いている。

 白浜店は白良浜近くの通り沿いにあり、昨年11月にオープン。大阪市内の店で子ども食堂を開いており、白浜店でも昨年12月から始めた。

 毎月1回の開催で、カレーライス、たこ焼き、綿菓子などを用意している。100人くらいの子どもや大人が利用しているという。ボランティアスタッフが運営を手伝っている。

 また、店では、事業所や個人の協賛を受け、食品などを無料配布する取り組みもしている。店内の壁には学生らが絵を描き明るい雰囲気をつくっている。

 2月23日には3回目の子ども食堂があり、昼食時にも子どもや家族が訪れ、カレーライスやたこ焼きを食べたり、ヨーヨー釣りをしたり、防災に関する紙芝居を見たりして過ごした。

 同社の大山敏弘代表取締役(50)は「子ども食堂というと困窮というイメージがあるが、そういった支援だけに限らず、地域交流の場にしたい。これから学童保育的な活動もしていきたいし、皆さんに気軽に来ていただきたい」と話した。

 次回の子ども食堂の開催は今月21日の予定。子ども食堂の開催情報は同社の交流サイト(SNS)でも発信している。問い合わせは、同店(080・8161・1129)へ。