和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月19日(金)

第9回「企業ボランティア・アワード」にて「コミュニティ貢献奨励賞」を受賞

 三菱HCキャピタル株式会社(代表取締役 社長執行役員:久井 大樹/以下、当社)は、このたび、東京ボランティア・市民活動センターが主催する第9回「企業ボランティア・アワード」において、「コミュニティ貢献奨励賞」を受賞しました。これは、当社における社会貢献活動の一つである「雪かきボランティア」への取り組みが高く評価されたものです。

 「企業ボランティア・アワード」は、都内の企業で勤務しつつ、非営利団体でボランティアに取り組む人々、ならびに企業ボランティア・グループの活動を表彰し、広く社会に周知することで、企業人のボランティア活動への参加、企業と非営利団体との協働の促進を目的としています。

 「コミュニティ貢献奨励賞」は、本年度に新設されたもので、東京都に本社をおく当社が他の地域のニーズに応え、人材やノウハウを提供するという特徴のあるボランティア活動が評価され、今回の受賞にいたりました。

 当社グループは、「社会貢献活動方針」に基づき、「環境」「人づくり」「福祉・健康」「安全・安心」「地域貢献」を重点テーマに、世界各国・地域にてチャリティやボランティア活動などを通じて地域社会における課題解決に取り組んでいます。「雪かきボランティア」もその一環であり、高齢者世帯が多い地域における持続可能な除雪体制の一翼を担うとともに、地域の方々との交流を通じて社員の社会貢献活動に対する意識改革、マインドの醸成を図ることを目的に、2019年に山形県尾花沢市にてその活動を開始しました。すでに、当社グループの延べ102名の役職員が現地にて「雪かきボランティア」に参加しています。
 本年度は、暖冬で降雪量が少なかったことから、現地での除雪は行わず、「雪かきボランティア」の意義を学ぶ社内セミナーを開催、役職員の豪雪地帯への課題認識を深め、次回の活動につなげる機会としました。

 当社は、今後とも、「雪かきボランティア」を含めた社会貢献活動の機会を社員に提供、地域課題に対する理解を深めるとともに、全社をあげてその解決にむけた具体的な活動に取り組むことで、社会的課題の解決、ひいては持続可能で豊かな未来の実現に貢献していきます。

■授賞式の様子


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/2545/84000/450_338_2024022814210165dec2bd8d0de.jpg


表彰式の様子
(当社の社会貢献活動担当者(左右)、ならびに社会福祉法人尾花沢市社会福祉協議会
広報部会長 二藤部様(中央左)、事務局長 柴田様(中央右) )


■東京ボランティア・市民活動センターウェブサイト「『企業ボランティア・アワード』受賞企業」
 https://www.tvac.or.jp/kigyo/news/post_146.html

■雪かきボランティア活動内容
  東京ボランティア・市民活動センターウェブサイト
  https://www.tvac.or.jp/kigyo/a7d65ac0f78af4769c91747f56f1ac610df62220.pdf

■山形県尾花沢市にて除雪ボランティア活動を実施~社会貢献活動を通じて、地域の安全・安心な暮らしの実現に貢献~
 https://www.mitsubishi-hc-capital.com/info/002632.html



プレスリリース詳細へ https://user.pr-automation.jp/r/84000
提供: