和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年06月14日(金)

【詳報】打ち上げは「午前11時1分12秒」 和歌山・串本のロケット、渋滞懸念「入場券ない人はウェブやサテライト会場で」

ロケット打ち上げに伴い、渋滞に注意を呼びかける国道42号の電光掲示板(和歌山県上富田町朝来で)
ロケット打ち上げに伴い、渋滞に注意を呼びかける国道42号の電光掲示板(和歌山県上富田町朝来で)
 和歌山県串本町にある日本初の民間小型ロケット発射場を運営する「スペースワン」(東京都)は8日、前日に迫ったロケット「カイロス」の初号機の打ち上げ時刻について「午前11時1分12秒」と発表した。発射前日時点での天候判断も「打ち上げを行う」としている。

 同社は7日、打ち上げ時間について時間帯を「11時1分~17分」に設定したと発表していた。

 スペースワンはキヤノン電子やIHIエアロスペースなどの出資で、2018年7月に発足した宇宙輸送サービス事業会社。串本町田原に発射場「スペースポート紀伊」を整備した。

 カイロスの初号機は政府の小型人工衛星を搭載し、打ち上げから約51分後、ほぼ地球の裏側で衛星を分離して軌道に投入する計画という。

 発射場周辺では、打ち上げに伴う交通規制が行われ、見学場となる田原海水浴場(串本町田原)と旧浦神小学校(那智勝浦町浦神)の前後1キロの国道42号は駐停車禁止、その先2キロも駐車禁止。混雑が予想されることから、県や地元自治体などでつくる「スペースポート紀伊周辺地域協議会」では、入場チケットを持たない人は無料ウェブ配信や、県内や三重県のサービスエリア(SA)や道の駅などに設置するサテライト会場などの無料パブリックビューイングを利用するよう呼び掛けている。サテライト会場は次の通り。

 紀の川SA(下り)、吉備湯浅PA(パーキングエリア、下り)、印南SA(下り)、道の駅パーク七里御浜(三重県御浜町)、紀北PA(同紀北町、始神テラス)

■打ち上げを速報 9日、アガラサイト

 紀伊民報は休刊日に当たる第2土曜の9日、串本町田原のロケット発射場「スペースポート紀伊」での小型ロケット初号機の打ち上げについて、インターネットのニュースサイト「AGARA(アガラ)」で速報します。