和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年04月18日(木)

丹青社、築50年超の旧耐震ビルをフルリノベーションし、100年使えるビルへ蘇らせたオフィスビルをオープン

2~8階区画 入居者募集を開始、2024年4月22日(月)~24日(水)に内覧会を開催

2024年4月3日
株式会社丹青社

 商業施設・⽂化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹⻘社(本社:東京都港区/代表取締役社⻑:小林統/以下、丹⻘社)は、東京都中央区日本橋に位置する築50年超の築古ビルを1棟フルリノベーションし、「ウィンド小伝馬町」として2024年3月にオープンしました。2〜8階区画の入居者募集にあたり、2024年4月22日(月)〜24日(水)に内覧会を開催いたします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028914-O4-33MnZWH4

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028914-O2-19OAeDKp

 「ウィンド小伝馬町」は、丹青社がこれまで培ってきた空間づくりのノウハウとネットワークを活用して、都心部にある中小規模の築古ビルをより働きやすい環境のオフィスへとリノベーションし、不動産価値を向上させる事業「R2(Real-estate Revitalization/不動産再活性化)」において手掛けたものです。「ビルを百年使う」をコンセプトに、既存のビルをできるだけ長く使う「ストック活用」を推進することにより、気候変動抑制への貢献を目指します。
 丹青社は、今後も事業活動を通じ、持続可能な社会の実現に向けた取り組みを進めてまいります。

 
R2について
コンセプトは「ビルを百年使う」
 日本のRC系事務所の平均寿命は50年余り。一方で、RC躯体の物理的耐用年数は100年を超えるとされています。(※1)耐震補強や仕上げ・設備の更新を適切に行えば、ビルを100年使うことは可能です。R2では、ビルに対する考え方を、古くなったビルを取り壊して新しいビルに建て替える「スクラップ&ビルド」から、既存のビルをできるだけ長く使う「ストック活用」へと転換することにより、ビルから出るCO₂を削減し、気候変動抑制に貢献することを目指しています。

(※1)国土交通省『「中古住宅流通促進・活用に関する研究会」報告書取りまとめ後の取組紹介』より:
https://www.mlit.go.jp/common/001014514.pdf

 
ウィンド小伝馬町について
オフィス選びに「サステナブル」という新しい価値を
 ビル本来の寿命まできちんと使う。これが「ウィンド小伝馬町」のリノベーションにおける基本的な考え方です。
 1972年竣工であるウィンド小伝馬町ビルは、竣工から50年以上経過していますが、もともとの「構造体(躯体)」を活かし耐震補強工事で安全性を確保し、電気・給排水、空調などの「設備」や、内部・外部の「仕上げ」を新しくすることで、次の50年間を迎えられるビルとして甦らせました。今の時代に求められる「サステナブル」という考え方をオフィス選びの新たな価値としてご提案いたします。

<オフィス区画について>
【2~8F】家具付きフルセットアップオフィス
募集区画:7区画(2~8F)/面積:66.96㎡(20.26坪)
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028914-O1-586I9UHm
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028914-O3-ub4tN7A1
【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202404028914-O5-1cWSObN5
 移転コストを抑えるコンパクトな家具付きフルセットアップオフィスです。室内面積は約20坪とコンパクトサイズながら、専有部には間仕切りを設け、会議室として使用できます。複数路線が使える好アクセスな立地のため、来客が多い士業や地方企業の東京進出拠点としての利用はもちろん、期間が決まっているプロジェクトチーム、創業して間もない企業や、事業拡大に積極的に取り組むベンチャー企業などに適したオフィスです。

<物件概要>
 施設名称:ウィンド小伝馬町
 所在地:東京都中央区日本橋小伝馬町10-8
 交通機関:東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」1出口徒歩2分
      JR総武本線「馬喰町駅」2出口徒歩4分
 構造・規模:鉄筋鉄骨コンクリート造 地上8階建
 用途:店舗・事務所
 延床面積:654.87㎡(198.10坪)
 竣工年:1972年4月
 リノベーション竣工年:2024年3月
 事業主:株式会社丹青社

 
内覧会開催のご案内
 古くなったビルのバリューアップをご検討中のビルオーナー様やリノベーションしたオフィスを体験してみたい方、不動産事業者の方など、皆さまのご来場をお待ちしております。以下の日程で開催しておりますのでご自由にお立ち寄りください。

 日時:2024年4月22日(月)・23日(火)・24日(水)各日10時~16時
 場所:東京都中央区日本橋小伝馬町10-8 ウィンド小伝馬町【※8Fに受付がございます】
 アクセス:東京メトロ日比谷線「小伝馬町駅」より徒歩2分
      JR総武本線「馬喰町駅」より徒歩4分
 お問い合わせ:株式会社丹青社 R2プロジェクト室 担当:松本 E-mail : r2pj@tanseisha.co.jp

 
丹⻘社について
「こころを動かす空間づくりのプロフェッショナル」として、店舗などの商業空間、博物館などの⽂化空間、展⽰会などのイベント空間等、⼈が⾏き交うさまざまな社会交流空間づくりの課題解決をおこなっています。調査・企画から、デザイン・設計、制作・施⼯、デジタル技術を活かした空間演出や運営まで、空間づくりのプロセスを⼀貫してサポートしています。

 社名  : 株式会社丹⻘社
 所在地 : 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス19F 〒108-8220(本社)
 創業  : 1946年10月
 資本⾦ : 40億2,675万657円(2023年1⽉31⽇現在)
 上場  : 東京証券取引所プライム市場(証券コード:9743/業種名:サービス業)
 URL  : https://www.tanseisha.co.jp

※ニュースリリースに掲載された内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。



プレスリリース詳細へ https://kyodonewsprwire.jp/release/202404028914
提供: