和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2019年12月16日(月)

おやじバンド熱演 上富田町で最後のコンテスト

ステージで演奏を披露する、新宮市のバンド「PARADOX」(和歌山県上富田町朝来で)
ステージで演奏を披露する、新宮市のバンド「PARADOX」(和歌山県上富田町朝来で)
 平均年齢40歳以上のバンドによる第13回「南紀おやじバンドコンテスト」(実行委員会主催)のグランプリ・ステージが1日、和歌山県上富田町朝来の上富田文化会館であった。予選を突破した10組が演奏を披露し、最後のコンテストを盛り上げた。

 コンテストは2007年から始まり、13年間で全国から計795組の応募があった。今回は56組が応募。音源や映像の審査で、県内や大阪府、広島県、愛媛県などの10組に絞った。

 出演したバンドは、ステージで2曲ずつ演奏した。音楽プロデューサーの酒井政利さん(有田市出身)、作詞家の及川眠子さん(和歌山市出身)ら6人が審査員を務め、演奏が終わると1組ずつ講評した。グランプリには、京都府宇治市の「HOT BROTHERS」が選ばれた。

 田辺市本町から友人と来場した男性(67)は「皆さん若々しく、演奏のレベルも高くて見応えがあった。見に来たのは今回で3回目。できれば、また見に来たかった」と話した。

 グランプリ以外の結果は、次の通り。

 ベストオリジナル賞=ジョン中川バンド(神戸市)▽エバグリーン・ベストカバー賞=Be Back On(大阪府)▽南紀賞=金太郎一座(岡山県)▽上富田町長賞=THE DIRTY DOLLS(広島県)▽産経新聞社賞=ブラックス(愛媛県)