和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年10月28日(水)

海中でクリスマス 白浜沖の沈船にツリー

ダイビングスポット「沈船」に設置したクリスマスツリー
ダイビングスポット「沈船」に設置したクリスマスツリー
 和歌山県白浜町のダイビングショップ4社がこのほど、同町沖のダイビングスポット「沈船」に、高さ3メートルのクリスマスツリーを設置した。この時季の恒例行事で、ツリーを目当てに訪れる県外のダイビング客もいる。

 4社はアクアマリン白浜▽エルマール▽シーマンズビーチ▽ミスオーシャン。「沈船」は名勝・円月島の南約400メートルの水深約18メートルにある本物の船(全長28メートル)で、白浜を代表するダイビングスポット。多様な魚のすみかになっている。ツリーには飾りを付けており、クリスマスムードを演出している=写真。

 冬は一年で最も海中の透明度が高く、沈船の周辺では今、アジやイサキ、カンパチなどが泳いでいるという。ツリーの設置は25日まで。