和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月23日(火)

昔懐かしいかき氷 和歌山県田辺の「はる菜」

山盛りのかき氷。写真は「イチゴミルク」
山盛りのかき氷。写真は「イチゴミルク」
あずきがたっぷりかかった「ミルク金時」
あずきがたっぷりかかった「ミルク金時」
はる菜 地図
はる菜 地図
 昨年12月末で閉店した、和歌山県田辺市神島台の和食店「はる菜」(浜名利江子店主)が期間限定で、かき氷店として営業を再開した。こだわりのシロップをかけた、昔懐かしいかき氷を提供している。


 販売しているのは「みぞれ」「イチゴ」「レモン」「ブルーハワイ」(各450円、ミルクがけはプラス50円)のほか、「あずき」(600円)「宇治」(同)「ミルク金時」(700円)「ミルク宇治金時」(750円)など。

 浜名店主によると、おいしいかき氷を提供するため、蜜やあずきなどは自家製にこだわり、日々試行錯誤を重ねながら手作りしているという。

 みぞれに使っている氷蜜は三温糖をじっくり煮詰めており、こくのあるまろやかな甘さが特徴。あずきは1粒1粒しっかりとした食感があり、素材の持つ甘さが味わえる。

 店主1人で切り盛りしているため、店内の食券で注文するなどセルフ方式で販売している。浜名店主は「皆さんの支えあってのお店です。ゆったりとお待ちしています」と話している。

 かき氷は今のところ、店内飲食のみとなる。

【お店情報】
田辺市神島台12の6 営業:午後1時~4時ごろ(夏休み中は正午~午後5時ごろ) 不定休 電話090・2357・0146