和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

和歌山県内14人目の感染 新型肺炎、大阪のライブに参加の20代女性

和歌山県内14人目の新型コロナウイルス感染者が出たことを発表する仁坂吉伸知事(左)ら=5日、和歌山県庁で
和歌山県内14人目の新型コロナウイルス感染者が出たことを発表する仁坂吉伸知事(左)ら=5日、和歌山県庁で
新型コロナウイルスに関する相談窓口
新型コロナウイルスに関する相談窓口
 和歌山県は5日、湯浅保健所管内在住で派遣社員の20代女性が、新型コロナウイルスに感染したことが分かったと発表した。集団感染が疑われている大阪市のライブハウスで開かれたコンサートに参加していた。県内で感染が確認されたのはこれで14人となった。病状は安定しているという。

 県によると、女性は2月19日午後6時半~9時、大阪市北区のライブハウス「Soap opera classics Umeda(ソープ オペラ クラシックス ウメダ)」であったコンサートに参加し、最前列中央で観覧していた。

 女性は25日に37・2度の発熱があり、26日に医療機関を受診し、風邪との診断を受けた。27日に熱は下がったが、その後、倦怠(けんたい)感やせき、たんなどの症状が出たという。3月5日にライブハウスから、コンサート参加者は最寄りの保健所に連絡するようにとメール連絡を受けたため、和歌山市保健所に連絡し、県が自宅近くの医療機関の受診を促した。検査したところ、新型コロナウイルスに感染していることが分かった。一緒に行った和歌山市在住の友人女性は陰性という。

 感染が分かった女性は、JR和歌山駅に近い、和歌山市吉田のコールセンター「ビズ プラットフォーム」に勤めており、発症後2月25~28日と3月4日は出勤していた。従業員62人が交代で、同じ部屋で勤務していることから、女性と接触した可能性のある全員を早急に検査するという。

 女性と同居する母と祖母や、発症後に受診した医療機関の関係者も検査している。

 女性はJR初島駅から和歌山駅までマスクを着用、普通電車で通勤していた。時間帯は日によって異なるという。

 県内では2月13日から22日まで13人の感染を確認していたが、その後11日間、新たな感染は確認されていなかった。

■「参加者は連絡を」   大阪市内のライブ

 このライブハウスのほか、大阪市都島区の「大阪京橋ライブハウスArc(アーク)」でも集団感染の疑いがあることから、県は対象のコンサートに参加した人は症状の有無にかかわらず、最寄りの保健所や県健康推進課に連絡するよう呼び掛けている。

 対象は、2月15、16日に「大阪京橋ライブハウスArc」で、19、23日に「Soap opera classics Umeda」で開かれたコンサート。