和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

御坊市の小池さんが最優秀 南部梅林フォトコンテスト

最優秀賞の「ほらっまわったよ」
最優秀賞の「ほらっまわったよ」
 和歌山県みなべ町の「南部梅林フォトコンテスト」(みなべ観光協会、梅の里観梅協会が主催)の審査がこのほどあり、最優秀賞に御坊市の小池安彦さん(64)の作品「ほらっまわったよ」が選ばれた。

 「全国の人に南部梅林の知られざる魅力が伝わる」写真を募集(1人2点まで)。今年の開園期間中に撮影した写真を対象とし、55人から84点の応募があった。県外では大阪府や滋賀県、愛知県などからの応募者がいた。両協会委嘱の審査員7人で入賞作品を選んだ。入賞者には特産品セットを贈る。

 優秀賞には北山達也さん(33)=日高町=の「いい眺めだね」、堀内勇さん(70)=橋本市=の「飛翔」、山頭哲律さん(32)=大阪府泉南市=の「うめといももちとこども」が選ばれた。