和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年08月14日(金)

動物の様子をライブ配信 白浜のアドベンチャーワールド

オンラインでの無料サービス「ミライsmile教室」のイメージ(アドベンチャーワールド提供)
オンラインでの無料サービス「ミライsmile教室」のイメージ(アドベンチャーワールド提供)
 新型コロナウイルスの影響で臨時休園を続けている和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは、インターネットや会員制交流サイト(SNS)での発信に力を入れている。

 4日には、自宅で過ごす子どもらを対象にする「ミライsmile(スマイル)教室」を始めた。施設で暮らす動物について飼育スタッフが紹介する様子を動画投稿サイト「ユーチューブ」公式チャンネルで流している。ライブ配信で、随時書き込まれる質問には、その場で答えていくという。

 ライブ配信は10日までの毎日午前11時~正午。肉食動物やサル類、ペンギンなどを日替わりで紹介する予定。過去の映像も公式チャンネルから見られる。閲覧や質問の書き込みは無料。

 ジャイアントパンダの様子は3月から毎日配信を続けている。パンダ舎の屋内運動場に設置したカメラで撮影した生の映像を午後1時~2時に流している。

 「出演」するのは雌の「桜浜(おうひん)」「桃浜(とうひん)」「彩浜(さいひん)」のいずれか1頭。遊具に座ったり、竹を頬張ったりする様子が楽しめる。

 この動画も閲覧は無料で、過去の分も見られる。特設サイト(https://aws-panda-live.com/)や、ユーチューブ公式チャンネルで配信される。

 SNSでの発信は以前から取り組んでいるが、外出自粛が広がる中で、クイズを出題するなど「自宅でも楽しんでもらえる内容に」と考えながら投稿しているという。

 約6万人のフォロワーがいる「インスタグラム」では動物たちの写真を多く投稿。「ツイッター」(フォロワー約23万人)や「フェイスブック」(同約4万3千人)では動画を多くしている。いずれも1日当たり1~4回ほど投稿している。