和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年11月24日(火)

赤ちゃん産まれるかも 白浜のパンダ良浜に妊娠の兆候

妊娠の兆候が見られる良浜(9月撮影)
妊娠の兆候が見られる良浜(9月撮影)
 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は30日、雌のジャイアントパンダ「良浜(らうひん)」(20歳)に妊娠の兆候が見られたと発表した。同日から公開を休止した。施設では、実際に妊娠していれば出産は11月~12月になるとみている。

 施設によると、良浜は数日前から食べる竹の量が減っていた。通常は1日に約15~20キロ食べるが、現在は半分以下に減っている。睡眠時間も長くなっている。これまでの出産直前も、食欲が落ちていた。

 施設では6月、良浜と雄の「永明(えいめい)」(28歳)との交尾を確認。出産に向けた準備は10月に入って本格化させていた。新型コロナウイルスの影響で、中国・四川省成都市にある「パンダ繁育研究基地」のスタッフは来日できていないが、施設では「あらゆることを想定し、準備している」と話している。

 良浜は2008年9月~18年8月に6回の出産を施設で経験。計9頭を育てた「母パンダ」として知られる。交尾相手は、いずれも永明。

 良浜は00年9月生まれで、施設で初めて生まれたジャイアントパンダ。