和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2021年04月17日(土)

コロナ禍で1月の売上高5割減 和歌山県内の飲食業者

和歌山県田辺市の飲食街「味光路」
和歌山県田辺市の飲食街「味光路」
 和歌山県は2日、新型コロナウイルスの影響により、県内にある飲食業者の1月の売上高(見込み)が、前年同月比で平均47%減少したことが分かったと公表した。昨年12月は平均で38%減だったが、それより深刻となった。仁坂吉伸知事は「心を痛めている。きめ細かく(支援を)やっていきたい」と話した。

 県が県内166事業者を対象に調査した。1月の前年同月比の売上高は「スナック・バー」が64%減、「居酒屋・料亭」は59%減と特に落ち込みが大きかった。このほかは「ラーメン・うどん」46%減、「食堂・レストラン」40%減、「喫茶店・カフェ」38%減、「焼き肉」34%減などとなった。

 昨年12月も前年同月比で「スナック・バー」が56%減、「居酒屋・料亭」は48%減などと、業態別で25~56%減少しているが、ほとんどの業態で1月の方が下落幅が大きかった。

 この要因について、県は12月下旬から「Go To トラベル」が一時停止となり、観光客が減ったことや県内の感染者数が年末から増加したこと、1月から11都府県に緊急事態宣言が発令され、自粛の雰囲気が高まったことを挙げる。特に新年会などの団体利用が激減したという。

 営業時間別では「夜のみ」が54%減と影響が大きく「昼と夜」が46%減、「昼のみ」が37%減だった。

 地域別では、和歌山市を除く紀北地域が58%減、紀南地域が50%減、紀中地域が43%減、和歌山市が40%減となった。

 一方、商品の持ち帰り販売などで売り上げを維持している業者もあるという。