和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月22日(日)

新庄中の谷地君が日本代表に 15歳以下カヌー・カナディアン

カヌースプリントの男子カナディアンシングルで15歳以下の日本代表に選ばれた谷地太陽君(和歌山県田辺市新庄町の文里港で)
カヌースプリントの男子カナディアンシングルで15歳以下の日本代表に選ばれた谷地太陽君(和歌山県田辺市新庄町の文里港で)
 和歌山県田辺市の新庄中学校3年の谷地太陽君(14)が、カヌースプリントの男子カナディアンシングル(C―1)で15歳以下(U15)の日本代表選手に選ばれた。9月にチェコで開かれる国際大会「オリンピックホープス」に出場する。

 谷地君は、石川県小松市の木場潟カヌー競技場でこのほどあった本年度の海外派遣最終選考記録会(日本カヌー連盟主催)で、男子C―1の500メートルと1000メートルに県カヌー協会所属選手として出場。いずれも基準記録を突破して出場資格を得ていた。同年代の出場者は谷地君1人だったが、上の年代の選手と一緒のレースで健闘し、U15の日本代表に決まった。

 谷地君は「国際大会にはチャレンジャーとして臨み、海外の選手をびっくりさせるような試合をしたい」と意気込みを語る。

 カヌーを始めたのは小学6年生の冬から。田辺カヌースプリントクラブに所属して田辺市新庄町の文里港で練習している。

 当面の目標は、8月にある全国中学生大会で優勝すること。家でも海外の選手の動画を見るなどして、こぎ方の研究をしているといい「力に頼らず、上半身と下半身を連動させて効率良く舟を進ませるように工夫したい」と話している。