和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2022年05月18日(水)

キッコウハグマ小さく開花 田辺の道路沿い

キッコウハグマ(和歌山県田辺市で)
キッコウハグマ(和歌山県田辺市で)
 和歌山県田辺市稲成町の道路沿いでキッコウハグマ(亀甲白熊)が白い花を咲かせている。

 北海道―九州の山地の木陰などに生育するキク科モミジハグマ属の多年草。高さは約10~20センチ。秋に直径1センチほどの花を咲かせる。五角形の葉を亀甲、花を僧侶の払子や、武将のやり、かぶとなどの飾りに使う白熊(ヤクという動物の白い毛)に見立てこの名前が付けられたという。