和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2024年07月23日(火)

【動画】那智の滝、大しめ縄張り替え 14日の例大祭前に和歌山・那智山

例大祭を前に那智の滝にかかる大しめ縄を新調する神職ら(9日、和歌山県那智勝浦町で)
例大祭を前に那智の滝にかかる大しめ縄を新調する神職ら(9日、和歌山県那智勝浦町で)
 和歌山県那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)は9日、14日に営まれる例大祭「那智の扇祭り」(国重要無形民俗文化財)に向け、那智の滝の滝口に張っている大しめ縄を張り替えた。

 那智の滝は一段の滝としては日本一の落差(133メートル)を誇り、那智大社の別宮・飛瀧神社のご神体。水が落ちる滝口には、さらし布で作った長さ約26メートルの大しめ縄を張っており、毎年、例大祭と正月の前に新調している。

 この日は那智大社で神事を営んだ後、白装束の神職が大しめ縄を担いで険しい山道を30分ほど歩き、滝の上まで移動。命綱をつけながら水の落ち際に立ち、手際よく張り替えた。

 作業を終えた禰宜(ねぎ)の井戸大輔さん(43)は「今年の例大祭は世界遺産登録20周年という節目の年で3連休の中日でもある。皆さまのご協力を頂きながら無事に終えられることを願っている」と話していた。