和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年09月19日(土)

若い人は飲み会に注意を 和歌山県知事「コロナ楽観視できない」

和歌山県庁
和歌山県庁
 和歌山県内で新型コロナウイルス感染者が増加していることについて、仁坂吉伸知事は28日の定例記者会見で「あまり楽観視できない状況になっている」といい、特に若い人らが友人知人宅で会食や宿泊をしたり、飲食店で長時間にわたって密な状態でいたりすることを当面の間控えるよう、呼び掛けた。

 県内では最近、大学生らが長時間、同じ空間で滞在したことで感染を広げているケースが多い。仁坂知事は「飲み会全部が悪いわけではないが、わいわいと盛り上がるのはやめておいた方がいい」と話した。

 また、特に病院や福祉施設などの職員はウイルス持ち込みに注意▽通学や出勤前に検温し、熱があれば受診▽接待を伴う飲食店を含め、大阪や首都圏での会食自粛―を改めて呼び掛けた。

 一方、県は、大阪府など近隣府県の1日当たり新規陽性者数40人以上が複数日あれば「県外受入自粛の強化等」に移ると決めている。

 現在は基準を超えているが、県外からの受け入れ自粛要請はしない。県民に大阪や首都圏での会食自粛を呼び掛けるにとどめるといい「熱がある人は来ないでほしいが、それ以外はとやかく言うつもりはない。宿泊施設などは安全に気を付けており、来ることを拒むものではない」と述べた。

 また、病床数の拡大方針も示し「平時モードから感染時モードに移りつつある。紀北、紀南とも、いっぱいにならないようにする」と話した。