和歌山県南紀のニュース/AGARA 紀伊民報

2020年06月02日(火)

感染の教員7人に 紀の川市の中学校でクラスター

和歌山県庁
和歌山県庁
 教員3人の新型コロナウイルス感染が確認されている和歌山県紀の川市の打田中学校で、新たに教員4人の感染が判明した。県が9日、発表した。仁坂吉伸知事はクラスター(集団感染)が発生したとの見方を示した。

 4人のうち、3人が県内在住の教員で、海南保健所管内に住む40代男性、和歌山市に住む50代女性と20代男性。残る1人は県外に住む教員。いずれも7日に感染が確認された50代男性教員の接触者として検査。9日に陽性と判明し、入院した。県外在住の1人が軽症で、3人は無症状という。

 感染が確認された7人の教員は最近、生徒とは接触はしていなかったという。県内でこれまでに感染が確認されたのは累計37人となった。